8時間ダイエット挑戦中

■美鳥様(48歳、女性)による体験談の御紹介です。

健康診断ではやせ気味という部分に入る体重ではありますが、部分的に付いてしまう下腹部の脂肪や二の腕のたるみなど、中年期特有の悩みがあります。
たまたま見つかった病気で一時的な休職となり、この機会に体力増進と下腹部の脂肪撃退をと考え、8時間ダイエットに挑戦することになりました。

この8時間ダイエットというのは、簡単に説明すると、食べる物は変えずに、食べる時間を8時間以内に抑えるというものです。
例えば、朝8時に朝食を食べると、15時に夕食を食べるということになり、仕事をしていると朝食を抜くことになります。
ところが、12時に最初の食事をすると20時に最後の食事をすることになります。
寝る前の3時間に食べると効果が低くなるというので、ちょっとランチが遅くなったりすると、その日のうちには眠れないということになり、なかなか実行が難しいと感じていました。

ところが、自宅療養の身となると、夕食は18時から19時ごろに摂ることは決して難しくはありませんので、挑戦することにしました。

厳密にいえば、8時間ダイエットには色々とルールがあるようですが、私の場合は、時間を守ることをメインルールとしました。
自宅にいると、人目を気にせずにおやつを食べることもあり、カロリー摂取量は働いていた時に比べると確実に増えています。
10時半~18時半ごろまでを食事をしても良い時間と決めて、その他の時間は水分摂取のみにしています。

水分摂取は、主に白湯や麦茶、緑茶や紅茶、時々コーヒーという感じで、もちろん全てノンシュガーです。
バリエーションを増やすのは、食べたい欲求を紛らわすためです。
また、朝食は「8時間ダイエット継続中」と題してブログにアップしています。
誰かに見えてもらえるというのも、ダイエットの継続には支えになると思います。

約1カ月ほど、この8時間ダイエットを継続していますが、大きな体重の変化はありません。
摂取カロリーが増えたのに、体重が増えていないということは効果があると考えてよいのかもしれません。
今後は、軽い運動なども組み合わせ、体重管理と併せて体力の増進も心がけたいと考えています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ